副業をする人が増えているわけ

現在の日本社会では、副業をする人の数が増加傾向にあります。
なぜ副業をする人が増えているのか?というといくつか理由があります。
まず、本業の収入だけでは生活費が足りないため
これは非正規社員が増えた事により、フルタイムで働いていても、手取りの収入は15万円程度にしかなりません。
東京で一人暮らしとなれば、15万円で生活をするのはギリギリです。
欲しいモノも買えない、食べたいものも食べられない、そんな我慢をする生活は嫌だ、収入を増やしたいと副業をするわけです。
副業をする人が増えているわけ
社会が変化し、離婚率もアップしています。
そのためシングルマザーも増えました。シングルマザーもやはり非正規社員が多いため、クレジットカード現金化をするならここをしないと生活が厳しい貧困女性が増えています。

他にも、正社員であっても、年功序列で昇給する時代ではありません。
加えて、定年退職できる保証もありません。
そのため、将来に不安を持つ人が増えたのです。
不安を少しでも解消しようと、貯金を殖やしておきたいために、副業をするというわけです。

また副業をしやすい環境が整ってきた事も、副業人口を増やす要因でしょう。
もし副業が肉体労働のアルバイトだけだったら、フルタイムで働いた後に、工事現場のアルバイトをするのは体力的にキツイですよね。
そんなアルバイトでは、疲れが溜まって本業に支障が出てしまいます。
ですが、しんどい副業は出来なくても、パソコンを使って自宅で1~2時間ぐらい在宅ワークをするのであれば、自分にもできる。
副業が増えた=在宅ワークをする人が増えたと考えると分かりやすいでしょう。

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る